名鉄犬山ホテル情報


by m-inuyama-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
唐種小賀玉(からたねおがたま)の花が日本庭園「有楽苑」茶花園内で咲いています。

花言葉が「甘い誘惑」♪
近くを通るだけでフワ~っと、バナナともバニラともいえるような、甘い匂いがします♪


この『唐種小賀玉』は、日本で自生する常緑高木の「オガタマノキ」の仲間で、中国が原産地。
中国産のオガタマノキということで「カラタネオガタマ」と言い、
「唐種招霊」という字も使うようです。
\縁起の良い木/ とも言われてる様です。

a0134734_16551012.jpg

a0134734_16552026.jpg

a0134734_16552660.jpg

a0134734_16553047.jpg



>>名鉄犬山ホテル公式HP

>>日本庭園「有楽苑」公式HP

===============================================
[PR]
# by m-inuyama-h | 2017-05-18 16:36 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback
白い花が咲く姿が、空を漂う白い雲を思わせるのでついた名前が「白雲木」。
ちょっと優雅な木ですよね。

日本庭園「有楽苑」の茶花園で、咲いていました。
白い花は清楚な感じで綺麗ですね。

a0134734_1749752.jpg

a0134734_17491598.jpg

a0134734_17492339.jpg

【白雲木・ハクウンボク】
エゴノキ科エゴノキ属
北海道、本州、四国、九州などに見られる落葉樹。
白い花が群がる様に咲く姿を、空の白い雲(白雲)に見立ててつけられた名前とのこと。
花期:5月~6月

>>名鉄犬山ホテル公式HP
>>日本庭園「有楽苑」公式HP

============================================
[PR]
# by m-inuyama-h | 2017-05-13 17:48 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback
白山木(はくさんぼく)の花が 日本庭園「有楽苑」で咲いています。
小さな花が集まってブーケの様になった、綺麗な白い花です。

日本庭園に、しっとり似合っていますね♪
a0134734_16334496.jpg

a0134734_16335043.jpg


【白山木(はくさんぼく)】

愛知県近辺の太平洋岸、伊豆諸島、小笠原、山口県、九州、沖縄などに分布する常緑低木。
石川・岐阜県の白山に生えると誤認され、「ハクサンボク」と命名されたという説がある。
スイカズラ科ガマズミ属。樹高は2メートルから6メートルくらい。日本固有種。
開花時期:4~5月

>>名鉄犬山ホテル公式HP
>>日本庭園「有楽苑」公式HP

============================================
[PR]
# by m-inuyama-h | 2017-05-09 16:35 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback
【なんじゃもんじゃ】として有名な、【ひとつばたご】。
今年はちょっと遅めでしたが、やっと咲き始めました!

「なんじゃもんじゃ」は、希少種で、満開になると、木全体がフワフワとした白い感じになるのです♪

白い花は、新緑にも映えて綺麗ですよ!

これからしばらく、徐々に広がる白い花を楽しめそうですよ!

a0134734_15192135.jpg
↑5/8現在
a0134734_1521737.jpg
↑5/8現在


a0134734_16311445.jpg

a0134734_16313425.jpg
名鉄犬山ホテル 駐車場の近くにある なんじゃもんじゃ
a0134734_16351765.jpg
↑日本庭園「有楽苑」のなんじゃもんじゃ


【ひとつばたご(なんじゃもんじゃ)】
「ひとつばたご」は、トネリコの仲間で、一つ葉の田子(たご)の意味。

昔トネリコを田の脇に植えて、稲はざの柱としたところから、田子の木と呼ばれましたが、トネリコは三出複葉で1本の葉軸に3枚の葉がつきます。

「ひとつばたご」の名は、水谷豊文(江戸時代後期1825年・尾張の植物学者)が、尾州二ノ宮山中(愛知県)でこの木を発見し、その近縁のトネリコ属が羽状複葉であるが、これは単葉であるための“ヒトツバ(一葉)”と、トネリコの方言の“タゴ”と組み合わせ命名したようです。

日本において本種は希少種のひとつであり、絶滅危惧II類(環境省レッドリスト)に指定されています。
天然での分布域も狭く、長野県、愛知県の木曽川流域、岐阜県東濃地方および長崎県対馬市に自生しており、それぞれの県のレッドデータブックに掲載されています。
長野県および愛知県では絶滅危惧I類、岐阜県および長崎県では絶滅危惧II類に指定されています。

別名の「なんじゃもんじゃ」は、植物学者 牧野富太郎博士の「牧野富太郎植物記」に因ると、東京の日比谷公園に大きな木があり名前が分からない事から「なんじゃもんじゃ」と呼ばれて有名になったためで、後に一枝を採取して調べたところ、これが ヒトツバタゴであったとの事です。

また、ナンジャモンジャとは、“何じょう物じゃ(なんというものか)”が転訛して“ナンジャモンジャ”となったもので、柳田国男の“信州随筆”には、神社・仏閣にある御神木・尊い樹木や、その地方で見慣れぬ種類の大木が“ナンジャモンジャ”と呼ばれていると、書かれていて、要するに正体が何かわからない樹木に用いられてきた名称のようで、全国的には他の木がこの名前で呼ばれているものがあります。


>>名鉄犬山ホテル公式HP
>>日本庭園「有楽苑」公式HP

==================================================
[PR]
# by m-inuyama-h | 2017-05-04 16:38 | ホテル情報 | Trackback
優雅にホテルでランチ、そして木曽川で船に乗り、昼鵜飼遊覧!!

「昼うかい」とホテルランチをセットにしたプランを、今年もご用意しました!
ランチも、フレンチ、和食、バイキングからお選び頂けますよ♪

*  *  *  *  *  *  *  *  *
木曽川の鵜飼は、近くまで船が接近するので臨場感満載!
 \体感できる鵜飼/ です!

そんな、体感できる鵜飼・木曽川うかいの \\「昼鵜飼」// はいかがでしょうか。
2003年から全国に先駆けて実施し、お手軽で、夜よりも鵜飼がよく見えると、大変好評です!
*  *  *  *  *  *  *  *  *

大人気プランです!ご予約はお早めをおススメします♪

■■木曽川「昼うかい」&ランチプラン 2017/6/1~10/15■■

  開催日/毎週火曜、木曜、土曜、日曜日 ※除外日:8/9~8/15

  ◆大 人 5,000円(5,400円税込)
  ◆小 人 小学生        3,000円(3,240円税込)
        小学生未満~4歳 2,000円(2,160円税込)
        3歳児           1,000円(1,080円税込) 

【お料理】 ※下記3コースよりお選び頂けます。
A.フレンチコースと昼鵜飼   ◎欧風料理「ル・パラディ」6F
B.ミニ会席と昼鵜飼   ◎日本料理「有楽」2F
C.バイキングと昼鵜飼   ◎ガーデンレストラン「ライン」1F


【昼うかいのスケジュール】
11:30 ホテルの各レストランでお食事
12:30 ホテル出発(厳守) ※ホテルバスで乗船場へ
12:40 鵜飼観覧船に乗船
13:10 鵜飼観覧・鵜飼説明・木曽川遊覧
13:40 下船 ※ホテルバスでホテルへ
◎乗下船場は、犬山橋(下)の「鵜飼乗船場」です。※名鉄犬山遊園駅から徒歩3分

【お問い合わせ・ご予約は】
◎予約センター《直通》 TEL(0568)61-2218

■詳細はこちら>>
a0134734_14390100.jpg

a0134734_16371321.jpg

a0134734_14361789.jpg
↑ミニ会席イメージ
a0134734_14362480.jpg
↑フレンチコースイメージ

=====================================================
[PR]
# by m-inuyama-h | 2017-05-01 13:41 | ホテル情報 | Trackback