名鉄犬山ホテル情報


by m-inuyama-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
名鉄犬山ホテル敷地内の桜が開花しました!!

まだまだ数個の桜の花ですが、一生懸命咲き始めた感じが、とっても可愛いですっ☆

今にも咲きそうなツボミもいっぱいで、
少しずつ増えていく花たちがとても楽しみですね♪

>>名鉄犬山ホテル公式HP

a0134734_1673169.jpg

a0134734_168415.jpg


============================================
[PR]
# by m-inuyama-h | 2017-03-30 16:08 | 周辺観光情報 | Trackback
日本庭園「有楽苑」のお庭で、豊後梅が綺麗に咲いています♪

フワッとしたイメージの花たちが、日本庭園に明るく彩りを添えています。
木や枝の形も、ちょっとイイ感じ!

桜とは違った「梅の木」、お楽しみくださいね♪

a0134734_10483157.jpg

a0134734_10483827.jpg

a0134734_10484341.jpg

【豊後梅】
豊後梅は、その名の示すように豊後(大分県)に発祥し、古くから豊後の名産として知られていました。
 徳川初期の1681年に出た水野元勝の「花壇綱目」にその名が見られ、当時から相当広く世に知られていたと考えられます。
 また、豊後杵築藩主松平家から毎年将軍家に大梅の砂糖漬が献上されており、その美味なことと、果実の大きいこと、更に花の優美なことで非常に珍重されました。

開花期は普通の梅より20日ないし30日遅く、おおむね3月の上旬から中旬にかけ、八重咲き(重弁)のみごとな花をさかせ、大輪で淡紅色をおびています。
<大分県HPより>

>>日本庭園「有楽苑」公式HP
>>名鉄犬山ホテル 公式HP

===============================================
[PR]
# by m-inuyama-h | 2017-03-29 10:49 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback
3月も終わりに近づき、待ち遠しい桜の開花ですが、
当ホテルの敷地の『桜』は、もう少しで咲きそうです。。

ツボミが膨らみ、今にも開きそうなのですが・・・
a0134734_17352196.jpg

a0134734_17392479.jpg


↑3/28現在

一面に咲く“桜”が楽しみですね♪

>>名鉄犬山ホテル公式HP

=============================================
[PR]
# by m-inuyama-h | 2017-03-28 17:37 | ホテル情報 | Trackback
日本庭園「有楽苑」の、河津桜(カワヅザクラ)の花が増えてきましたよ!!

ソメイヨシノよりピンク色が濃い目で、キレイですね♪

1本の木ですが、日本庭園にさりげなく映えています~☆彡
a0134734_1652531.jpg

a0134734_16521442.jpg

a0134734_16521973.jpg
↑さりげなさが情緒たっぷりですよね


>>日本庭園「有楽苑」公式HP
>>名鉄犬山ホテル 公式HP

==================================================
[PR]
# by m-inuyama-h | 2017-03-20 16:55 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback
国指定重要無形民俗文化財 【犬山祭】 は、
江戸時代[寛永12年(1635)]から続いている車山のお祭りで、
からくり人形を備えた3層の車山13台が、からくりを針綱神社に奉納します。
a0134734_10505186.jpg

見所は、昼の「桜と華麗な車山」、夜の「365個の提灯を灯した絢爛な車山」

夜、365個もの提灯がともされた各車山が満開の桜並木の本町通をぬって練り歩くさまは、
豪華絢爛、まるで\錦絵/
そして、重さ5tの車山を、祭り男が豪快に持ち上げて方向転換する「どんでん」は迫力満点!

犬山祭の主役・13輌の車山は、いずれも三層からなる豪華なものです。
すべて江戸時代から伝わる「からくり人形」を操り、「奉納からくり人形」を披露するのは
 \全国でも唯一のもの/ なのです!

*  *  *   *   *   *  *  *   *   *   *
お祭りのメイン会場は、名鉄犬山ホテルから歩いて5~10分の犬山城前広場です。
屋台やイベントもいっぱいです!
桜、豪華絢爛の車山、屋台・・・・犬山の一番の春を、たっぷりお楽しみください。
お祭り当日は、交通規制がございますので、お気をつけてお越しください。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【第383回 犬山祭】  2017年4月1日~2日

祭事スケジュール(予定)
 ※スケジュールは予告なく変更になる場合もございますので、予めご了承下さい

■4月1日(土)試楽祭(しんがくさい)■

8:00-9:00 13輌の車山が針綱神社(犬山城前広場)に向け出発
9:40-10:40 13輌の車山が針綱神社(犬山城前広場)に集結
12:00-15:10 各車山が順番に「からくり」を披露

 --車山はからくり披露後に二手に分かれます--

<神社組(7輌)※針綱神社前>
 18:00 神社組の車山が365個の提灯を点燈開始
 18:45 針綱神社前(犬山城前広場)を順次出発、城下町を運行
 21:45 各町内帰着

<駅前組(6輌)※犬山駅西口>
 18:00 駅前組の車山が365個の提灯を点燈開始
19:00 夜車山曳出式
 19:30 犬山駅西口を順次出発、城下町を運行
 21:45 各町内帰着


■4月2日(日)本楽祭(ほんがくさい)■

8:00-8:30 13輌の車山が針綱神社(犬山城前広場)に向け出発
8:40-9:20  車山が針綱神社(犬山城前広場)に集結
9:50-14:30 順番にからくり人形を奉納

--車山はからくり披露後に二手に分かれ城下町を運行します--

<北組(6輌)※余坂>
 18:00 北組の車山が365個の提灯を点燈開始
 18:30-18:55 余坂を出発、車山が針綱神社(犬山城前広場)へ
 19:55-20:05 針綱神社を順次出発、城下町を運行
 21:45 各町内帰着

<南組(7輌)※出来町>
 18:00 南組の車山が365個の提灯を点燈開始
 18:40-19:10 外町を順次出発、城下町を巡行
 21:45 各町内帰着
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
a0134734_10513758.jpg
【犬山祭のはじまり】

犬山祭は、当地の産土神を祀る針綱神社の行粧式であり、例祭は寛永12年(1635)尾張徳川家家老犬山城主成瀬隼人正正虎公 (なるせはやとのしょうまさとら)の沙汰で氏子が行粧の車山・ねり物を出し、以来今日迄継承されてきました。
犬山祭の主役は13輌の車山で、いずれも三層からなる豪華なものです。
すべて江戸時代から伝わる「からくり人形」を操り、「奉納からくり人形」を披露するのは全国でも唯一のものです。
13輌の車山は「愛知県有形民俗文化財(愛知県指定1号)」として文化財に指定されておりま す。
祭礼に曳山(ひきやま)の類を巡行する祭りの形式は、今日においても、全国各地で見受けられますが、 曳山は、それぞれの土地で「鉾(ほこ)」「山車」「屋台」「車楽」などと呼ばれており、犬山では「車山」と標記して、「やま」と言い習わされています。

【車山とからくり】

犬山の車山は、曳山の形態では、「屋台」に属し、さらに人形を有することから「人形屋台」に類別することができ、三層式の屋台の中では、起源がもっとも古 いものと言われています。
このため、「犬山式人形屋台」と独立の分類をなす場合もあります。

>> 犬山観光情報HPより


============================================
[PR]
# by m-inuyama-h | 2017-03-13 10:52 | 周辺観光情報 | Trackback