名鉄犬山ホテル情報


by m-inuyama-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:有楽苑 ( 18 ) タグの人気記事

「靱草(ウツボグザ)」が、日本庭園「有楽苑」内、茶室「元庵」のお庭で咲いています。

最初は、紫色の花が鮮やかで綺麗ですが、徐々に葉は緑のままで花穂のみが枯れたように、褐色に変わり「夏枯草(カゴソウまたはカコソウ)」と呼ばれます。
緑の葉に枯れた様な穂先姿も独特で、面白味がありますね♪

カゴソウは生薬でもあるようですよ!
a0134734_1524132.jpg

a0134734_1524951.jpg

a0134734_152546.jpg

a0134734_153934.jpg
↑「夏枯草(カゴソウまたはカコソウ)」

ウツボグサ(靱草)は、日本各地、東アジアの温帯に広く分布するしそ科の多年草の植物です。
6月から盛夏にかけて特徴ある花序を出し、美しい花を咲かせる。

ウツボグサの和名の由来は、円筒形の花穂(かすい)の形が、昔武将が背負って矢を入れる靱(うつぼ)という武具に似ていることからの命名であるといわれています。

また、別名の「夏枯草(カゴソウまたはカコソウ)」は8月頃の真夏に花穂(かすい)だけが急に変色して褐色になり、まさに枯れたようになることからです。


>>名鉄犬山ホテル 公式HP
>>日本庭園「有楽苑」 公式HP

========================================================
[PR]
by m-inuyama-h | 2017-06-09 15:01 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback
日本庭園「有楽苑」内、茶花園で、房になって咲いているカワイイ花を見つけました♪

この花は、【髄菜(ずいな)】。
遠目に見ると、白色でブラシの様なモサモサ感がなんだか可愛いですね♪

a0134734_13203351.jpg

a0134734_13204777.jpg



a0134734_13205741.jpg


【髄菜(ずいな)】
ユキノシタ科の落葉低木。
小さな花が長い穂にまばらに並んでつき、素朴な美しさがある。

ヨメナのように春に若葉を食べられるところからヨメナノキ(嫁菜の木)とも呼ばれる。
昔は髄を灯心の代用にしたという。

日本の固有種で、本州の近畿地方南部、四国、九州の山地に育成する。

高さ1~2mになり、よく枝分かれする。
若枝は淡緑色。
葉は長さ7~12㎝の長楕円形。
花は白色で小さく、沢山集まり長さ5~17cmの細長い花穂となる。
果実は卵形で、黄褐色に熟して縦に裂ける。
花期は5~6月

*  *  *  *  *  *

>>名鉄犬山ホテル公式HP

>>日本庭園「有楽苑」公式HP

===================================================
[PR]
by m-inuyama-h | 2017-05-30 13:22 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback
華やかな「紫蘭」や、清楚な「白花紫蘭」が日本庭園「有楽苑」内で咲いていました。

「紫蘭」はお庭の片隅で、「白花紫蘭」は苑内・茶花園で★
静かに佇んでいるのですが、鮮やかな“色”なので、すぐに目につきますね♪
初夏の日差しにも映え、とても綺麗です!!

良く見かける「紫蘭」ではありますが、純然たる野生種は準絶滅危惧種に指定されているのですよ!

a0134734_1736349.jpg

a0134734_17361866.jpg

a0134734_1737742.jpg

a0134734_17371279.jpg

a0134734_17371716.jpg


【紫蘭(しらん)】
ラン科の多年草。
紅紫色の花をつけた姿は改良種のようで、日本の野生植物とは信じられないほど派手。

「紫蘭(シラン)」は、紫色の花をつける蘭の意味だが、白色もある。

本州の関東以西、四国、九州、沖縄に分布し、やや湿った岩上や林内に生育する。
古くから園芸植物として栽培されてきた。
純然たる野生種は準絶滅危惧種に指定されている。

高さ30~70cmの花茎の先端に、紅紫色の花を6~7個開く。萼片と側花弁は平開し、狭楕円形で先端はとがる。
唇弁は楔状倒卵形で三裂し、中裂片は円形で縁は波状になる。
葉は、長さ15~30cmの長楕円形で互生し、基部は鞘となって茎を抱く。
花期は4~5月。


【白花紫蘭(しろばなしらん)】
ラン科の多年草。シランの白花品種で、少し紅色お帯びた白い花を咲かせる
シランと同様、観賞用に栽培されている。
花色が白色である事以外は、株の大きさ、花形、花期などいずれも母種のシランと変わらない。
白花とはいっても、いわゆるうるみ白といわれている色で、きわめて薄い紅色がかかる。純白の花を咲かせる株もあるが、きわめて少ない。
シランにはこのほか、口紅紫蘭、白花覆輪紫蘭、などの品種がある。


>>名鉄犬山ホテル公式HP

>>日本庭園「有楽苑」公式HP

=====================================================
[PR]
by m-inuyama-h | 2017-05-22 14:35 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback
唐種小賀玉(からたねおがたま)の花が日本庭園「有楽苑」茶花園内で咲いています。

花言葉が「甘い誘惑」♪
近くを通るだけでフワ~っと、バナナともバニラともいえるような、甘い匂いがします♪


この『唐種小賀玉』は、日本で自生する常緑高木の「オガタマノキ」の仲間で、中国が原産地。
中国産のオガタマノキということで「カラタネオガタマ」と言い、
「唐種招霊」という字も使うようです。
\縁起の良い木/ とも言われてる様です。

a0134734_16551012.jpg

a0134734_16552026.jpg

a0134734_16552660.jpg

a0134734_16553047.jpg



>>名鉄犬山ホテル公式HP

>>日本庭園「有楽苑」公式HP

===============================================
[PR]
by m-inuyama-h | 2017-05-18 16:36 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback
白い花が咲く姿が、空を漂う白い雲を思わせるのでついた名前が「白雲木」。
ちょっと優雅な木ですよね。

日本庭園「有楽苑」の茶花園で、咲いていました。
白い花は清楚な感じで綺麗ですね。

a0134734_1749752.jpg

a0134734_17491598.jpg

a0134734_17492339.jpg

【白雲木・ハクウンボク】
エゴノキ科エゴノキ属
北海道、本州、四国、九州などに見られる落葉樹。
白い花が群がる様に咲く姿を、空の白い雲(白雲)に見立ててつけられた名前とのこと。
花期:5月~6月

>>名鉄犬山ホテル公式HP
>>日本庭園「有楽苑」公式HP

============================================
[PR]
by m-inuyama-h | 2017-05-13 17:48 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback
白山木(はくさんぼく)の花が 日本庭園「有楽苑」で咲いています。
小さな花が集まってブーケの様になった、綺麗な白い花です。

日本庭園に、しっとり似合っていますね♪
a0134734_16334496.jpg

a0134734_16335043.jpg


【白山木(はくさんぼく)】

愛知県近辺の太平洋岸、伊豆諸島、小笠原、山口県、九州、沖縄などに分布する常緑低木。
石川・岐阜県の白山に生えると誤認され、「ハクサンボク」と命名されたという説がある。
スイカズラ科ガマズミ属。樹高は2メートルから6メートルくらい。日本固有種。
開花時期:4~5月

>>名鉄犬山ホテル公式HP
>>日本庭園「有楽苑」公式HP

============================================
[PR]
by m-inuyama-h | 2017-05-09 16:35 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback
a0134734_14312317.jpg
“国宝”の茶室「如庵」と、“重要文化財”「旧正伝院書院」
2つの歴史的建造物の内部を同時に、説明付でご覧いただける
特別な見学会です。

本来1つの建物であった、「如庵」「旧正伝院書院」

保護やセキュリティのため、中々同時にお入りいただくことは
できませんが、
期間限定で人数制限を設け特別に公開いたします。


「旧正伝院書院」(重要文化財)では秘蔵の襖絵を一挙公開いたします。

襖絵は、「長谷川等伯」・「狩野山雪」・「狩野常信」・「狩野安信」等の貴重なもので、見学会ご参加の皆様のみの特別公開です。
建物本来の姿で、当時の日本の風情を一段と感じていただける事でしょう。

【料金】お一人様 5,400円
    ※入苑、抹茶、特別限定見学料

【日時】5月22日(月) [午前]10時、11時半 [午後]1時、2時半
    5月23日(火) [午前]10時、11時半 [午後]1時、2時半
   ※各日4回
   ※5/23、10時の部は満席となりました。

【定員】各回24名 ※定員になり次第締切


●お申込み・お問合せは↓ 
  日本庭園[有楽苑}(国宝茶室「如庵」)
  TEL.0568-61-4608  FAX.0568-61-4608
a0134734_14354754.jpg

a0134734_16385844.jpg
新緑の中の 国宝茶室「如庵」
a0134734_16393413.jpg

[PR]
by m-inuyama-h | 2017-04-25 16:42 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback
白く小さな花が可愛く咲いています。
蜆花(シジミバナ)の名前の由来が、シジミの中身に似ているからとか。。
カワイらしい花からは、なんとなく想像しにくい気が・・・

日本庭園「有楽苑」の茶花園でご覧いただけます。
a0134734_1735261.jpg

a0134734_17353371.jpg


【蜆花(シジミバナ)】
バラ科 シモツケ属
中国原産の落葉低木。
花期:4~5月
シジミの中身(内臓)に見立てたという、白い花は10mmほどの小さな花で枝にそって咲きます。
八重咲きが、バラの特長をよく表しています。
葉はツヤのある小さめの楕円形。鋸歯があります。

>>名鉄犬山ホテル公式HP
>>日本庭園「有楽苑」公式HP

=================================================
[PR]
by m-inuyama-h | 2017-04-24 17:39 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback

◆花情報◆ 「玉手箱」

「玉手箱」!
こんなカワイイ名前の椿が、日本庭園「有楽苑」の茶花園で咲いています。
白色の清楚な感じも素敵ですよ♪
a0134734_16102857.jpg

a0134734_16103450.jpg


>>名鉄犬山ホテル公式HP
>>日本庭園「有楽苑」公式HP

【玉手箱】
2月〜4月咲で、白色地、紅色の細い筋がわずかに入り、八重~宝珠咲き、中~大輪の「玉手箱(中部)」。
白色、宝珠~牡丹咲き、割りしべ、中~大輪の「玉手箱(江戸)」の種類もある。

「中部玉手箱」の原木は名古屋城内の庭園にあり 「名古屋城御殿椿」の一種。
============================================
[PR]
by m-inuyama-h | 2017-04-23 16:02 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback
紅葉のイメージが強いもみじですが、この時期には可愛い花をつけています。

新緑の若葉色に赤い点々としているのが、小さな花なのです。
遠目に見ると、良く分からないのですが、近づいてよく見てみると、小さな赤い花が、とっても可愛らしですよ。
>>日本庭園「有楽苑」公式HP

a0134734_1534721.jpg
↑こんな花です
a0134734_15342145.jpg
↑若葉にワサワサと花をつけています。
a0134734_15342658.jpg
↑手前の若葉色のもみじに、小さな花の赤い点々が見えます。

a0134734_14121939.jpg
↑2014年の花♪
a0134734_14133549.jpg
↑2014年の花
================================================
[PR]
by m-inuyama-h | 2017-04-21 14:13 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback