名鉄犬山ホテル情報


by m-inuyama-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:犬山祭 ( 2 ) タグの人気記事

a0134734_17394328.jpg 10/28(土)・29(日)の二日間、秋の犬山城下町を舞台に
「からくり町巡り」
 (犬山祭企画委員会主催) が開催されます!

 犬山まつりで使用される「からくり」の妙技や、
 車山(13輌すべてではございません)をご覧いただけます!!

 ※本事業はオリンピック・パラリンピック基本方針推進調査の試行プロジェクトに選ばれています。

 名鉄犬山ホテルから、犬山城までは徒歩7分です!

 ◆期間:1028日(土)・29日(日)の二日間

 ★からくり展示館・城とまちミュージアム・どんでん館
  \無料開放!/

◆主なスケジュール
<< 28日 >>
10:45頃 余坂町(二福神)
11:30頃 城とまちミュージアム(からす天狗)
11:50頃 からくり展示館(三番叟の体験)
12:40頃 本町(唐子遊び)
13:10頃 枝町(遊漁神)
13:35頃 練屋町(石橋獅子)
14:00頃 鍛冶屋町(石橋)
14:35頃 外町(梅梢戯)
15:15頃 からくり展示館(紅葉狩/猩々)
15:50頃 城とまちミュージアム(からす天狗)

特に記載のない場合、からくり実演は各町内の車山蔵付近で行います。
雨天時は一部変更になる場合もございます。
※雨天時は中止になる場合もございます。

*  *  *  *  *
<< 29日 >>
10:45頃 熊野町(住吉・白楽天)
11:15頃 寺内町(淡路嶋)
11:50頃 魚屋町(日蓮上人星下りの図)
12:30頃 城とまちミュージアム(浦嶌)
12:50頃 城とまちミュージアム(からす天狗)
13:10頃 からくり展示館(三番叟の体験)
14:00頃 どんでん館(應合子/西王母/菅原伝授手習鑑)
15:00頃 からくり展示館(紅葉狩/猩々)
15:50頃 城とまちミュージアム(からす天狗)

特に記載のない場合、からくり実演は各町内の車山蔵付近で行います。
雨天時は一部変更になる場合もございます。
※雨天時は中止になる場合もございます。

詳しくは
a0134734_18011781.jpg
a0134734_18013610.jpg

a0134734_18015261.jpg

[PR]
by m-inuyama-h | 2017-10-09 18:03 | 周辺観光情報 | Trackback
国指定重要無形民俗文化財 【犬山祭】 は、
江戸時代[寛永12年(1635)]から続いている車山のお祭りで、
からくり人形を備えた3層の車山13台が、からくりを針綱神社に奉納します。
a0134734_10505186.jpg

見所は、昼の「桜と華麗な車山」、夜の「365個の提灯を灯した絢爛な車山」

夜、365個もの提灯がともされた各車山が満開の桜並木の本町通をぬって練り歩くさまは、
豪華絢爛、まるで\錦絵/
そして、重さ5tの車山を、祭り男が豪快に持ち上げて方向転換する「どんでん」は迫力満点!

犬山祭の主役・13輌の車山は、いずれも三層からなる豪華なものです。
すべて江戸時代から伝わる「からくり人形」を操り、「奉納からくり人形」を披露するのは
 \全国でも唯一のもの/ なのです!

*  *  *   *   *   *  *  *   *   *   *
お祭りのメイン会場は、名鉄犬山ホテルから歩いて5~10分の犬山城前広場です。
屋台やイベントもいっぱいです!
桜、豪華絢爛の車山、屋台・・・・犬山の一番の春を、たっぷりお楽しみください。
お祭り当日は、交通規制がございますので、お気をつけてお越しください。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【第383回 犬山祭】  2017年4月1日~2日

祭事スケジュール(予定)
 ※スケジュールは予告なく変更になる場合もございますので、予めご了承下さい

■4月1日(土)試楽祭(しんがくさい)■

8:00-9:00 13輌の車山が針綱神社(犬山城前広場)に向け出発
9:40-10:40 13輌の車山が針綱神社(犬山城前広場)に集結
12:00-15:10 各車山が順番に「からくり」を披露

 --車山はからくり披露後に二手に分かれます--

<神社組(7輌)※針綱神社前>
 18:00 神社組の車山が365個の提灯を点燈開始
 18:45 針綱神社前(犬山城前広場)を順次出発、城下町を運行
 21:45 各町内帰着

<駅前組(6輌)※犬山駅西口>
 18:00 駅前組の車山が365個の提灯を点燈開始
19:00 夜車山曳出式
 19:30 犬山駅西口を順次出発、城下町を運行
 21:45 各町内帰着


■4月2日(日)本楽祭(ほんがくさい)■

8:00-8:30 13輌の車山が針綱神社(犬山城前広場)に向け出発
8:40-9:20  車山が針綱神社(犬山城前広場)に集結
9:50-14:30 順番にからくり人形を奉納

--車山はからくり披露後に二手に分かれ城下町を運行します--

<北組(6輌)※余坂>
 18:00 北組の車山が365個の提灯を点燈開始
 18:30-18:55 余坂を出発、車山が針綱神社(犬山城前広場)へ
 19:55-20:05 針綱神社を順次出発、城下町を運行
 21:45 各町内帰着

<南組(7輌)※出来町>
 18:00 南組の車山が365個の提灯を点燈開始
 18:40-19:10 外町を順次出発、城下町を巡行
 21:45 各町内帰着
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
a0134734_10513758.jpg
【犬山祭のはじまり】

犬山祭は、当地の産土神を祀る針綱神社の行粧式であり、例祭は寛永12年(1635)尾張徳川家家老犬山城主成瀬隼人正正虎公 (なるせはやとのしょうまさとら)の沙汰で氏子が行粧の車山・ねり物を出し、以来今日迄継承されてきました。
犬山祭の主役は13輌の車山で、いずれも三層からなる豪華なものです。
すべて江戸時代から伝わる「からくり人形」を操り、「奉納からくり人形」を披露するのは全国でも唯一のものです。
13輌の車山は「愛知県有形民俗文化財(愛知県指定1号)」として文化財に指定されておりま す。
祭礼に曳山(ひきやま)の類を巡行する祭りの形式は、今日においても、全国各地で見受けられますが、 曳山は、それぞれの土地で「鉾(ほこ)」「山車」「屋台」「車楽」などと呼ばれており、犬山では「車山」と標記して、「やま」と言い習わされています。

【車山とからくり】

犬山の車山は、曳山の形態では、「屋台」に属し、さらに人形を有することから「人形屋台」に類別することができ、三層式の屋台の中では、起源がもっとも古 いものと言われています。
このため、「犬山式人形屋台」と独立の分類をなす場合もあります。

>> 犬山観光情報HPより


============================================
[PR]
by m-inuyama-h | 2017-03-13 10:52 | 周辺観光情報 | Trackback