名鉄犬山ホテル情報


by m-inuyama-h
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

◆花情報◆灯台躑躅(満天星躑躅・どうだんつつじ)が花をつけました☆

「満天星」なんて可愛らしい名前の漢字を持つ「どうだんつつじ」が花を付けていすま♪♪

白い可憐な壺形は、ツツジとは思えないような花たちです。
若葉のやわらかい緑色の葉とキレイなコントラストになっています♪

これからしばらく、日本庭園「有楽苑」の苑内あちこちでご覧いただけますよ☆
a0134734_151168.jpg

a0134734_15111491.jpg
a0134734_15112346.jpg
【灯台躑躅(満天星躑躅) どうだんつつじ】

ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木。
下垂する小花の時期もよいですが秋の照葉は一際鮮やかで茶花によく使われます。

花の名のドウダンは灯台の意味で、枝分かれしている様子が昔夜間の明かりに用いた灯台(結び灯台)の脚部と似通っており、その「トウダイ」から転じたもの。

また、『満天星』や『満天星躑躅』などと書いて、ドウダンツツジと読む。
これは中国の大老君が仙宮で霊薬を練っているとき、こぼしてしまった玉盤の霊水がこの木にかかってしまって、壺形の玉となり、満天の星のように輝いたという故事に因んでいる。

本州から九州の山地に自生するが、栽培種として垣根や庭木にもよく用いられる。
葉は枝先に集まって互生し、葉柄は長さ2~7mmで、無毛または堅い毛がわずかに生える。
木の高さは1~2mで、葉は長さ2~4cmの倒卵形で、両端はとがり、縁には細かい鋸歯がある。花は白色で、長さ7~8mmのやや狭い壺形をして、枝先に1~5個を房状に下向きに咲く。
花期は4~5月

===================================================================
[PR]
トラックバックURL : https://mihinfo.exblog.jp/tb/22715160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by m-inuyama-h | 2016-04-14 15:11 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback