名鉄犬山ホテル情報


by m-inuyama-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
国指定重要無形民俗文化財 【犬山祭】 は、
江戸時代[寛永12年(1635)]から続いている車山のお祭りで、
からくり人形を備えた3層の車山13台が、からくりを針綱神社に奉納します。
a0134734_10505186.jpg

見所は、昼の「桜と華麗な車山」、夜の「365個の提灯を灯した絢爛な車山」

夜、365個もの提灯がともされた各車山が満開の桜並木の本町通をぬって練り歩くさまは、
豪華絢爛、まるで\錦絵/
そして、重さ5tの車山を、祭り男が豪快に持ち上げて方向転換する「どんでん」は迫力満点!

犬山祭の主役・13輌の車山は、いずれも三層からなる豪華なものです。
すべて江戸時代から伝わる「からくり人形」を操り、「奉納からくり人形」を披露するのは
 \全国でも唯一のもの/ なのです!

*  *  *   *   *   *  *  *   *   *   *
お祭りのメイン会場は、名鉄犬山ホテルから歩いて5~10分の犬山城前広場です。
屋台やイベントもいっぱいです!
桜、豪華絢爛の車山、屋台・・・・犬山の一番の春を、たっぷりお楽しみください。
お祭り当日は、交通規制がございますので、お気をつけてお越しください。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
【第383回 犬山祭】  2018年4月7日~8日

祭事スケジュール(予定)
 ※スケジュールは予告なく変更になる場合もございますので、予めご了承下さい

■4月7日(土)試楽祭(しんがくさい)■

 8:00-9:00  13輌の車山が針綱神社前に向け出発
 9:40-10:40  車山が針綱神社前に集結
 12:00-15:10  各車山が順番に「からくり」を披露

 --車山はからくり披露後に二手に分かれます--

<神社組(7輌)※針綱神社前>
 18:00 神社組の車山が365個の提灯を点燈開始
 18:45 針綱神社前を順次出発、城下町を運行
 21:45 各町内帰着

<駅前組(6輌)※犬山駅西口>
 18:00 駅前組の車山が365個の提灯を点燈開始
 19:30 犬山駅西口を順次出発、城下町を運行
 21:45 各町内帰着


■4月8日(日)本楽祭(ほんがくさい)■

 8:00-8:30 13輌の車山が針綱神社前に向け出発
 8:40-9:20 車山が針綱神社前に集結
 9:50-14:30 順番にからくり人形を奉納

--車山はからくり披露後に二手に分かれます--

<北組(6輌)※余坂>
 18:00 北組の車山が365個の提灯を点燈開始
 18:30 北組の車山が針綱神社前に向け出発
 19:55 針綱神社前を順次出発、城下町を運行
 21:45 各町内帰着

<南組(7輌)※外町>
 18:00 南組の車山が365個の提灯を点燈開始
 18:40 外町を順次出発、城下町を巡行
 21:45 各町内帰着
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
a0134734_10513758.jpg
【犬山祭のはじまり】

犬山祭は、当地の産土神を祀る針綱神社の行粧式であり、例祭は寛永12年(1635)尾張徳川家家老犬山城主成瀬隼人正正虎公 (なるせはやとのしょうまさとら)の沙汰で氏子が行粧の車山・ねり物を出し、以来今日迄継承されてきました。
犬山祭の主役は13輌の車山で、いずれも三層からなる豪華なものです。
すべて江戸時代から伝わる「からくり人形」を操り、「奉納からくり人形」を披露するのは全国でも唯一のものです。
13輌の車山は「愛知県有形民俗文化財(愛知県指定1号)」として文化財に指定されておりま す。
祭礼に曳山(ひきやま)の類を巡行する祭りの形式は、今日においても、全国各地で見受けられますが、 曳山は、それぞれの土地で「鉾(ほこ)」「山車」「屋台」「車楽」などと呼ばれており、犬山では「車山」と標記して、「やま」と言い習わされています。

【車山とからくり】

犬山の車山は、曳山の形態では、「屋台」に属し、さらに人形を有することから「人形屋台」に類別することができ、三層式の屋台の中では、起源がもっとも古 いものと言われています。
このため、「犬山式人形屋台」と独立の分類をなす場合もあります。

>> 犬山観光情報HPより


============================================
[PR]
# by m-inuyama-h | 2018-04-01 10:52 | 周辺観光情報 | Trackback

◆花情報◆河津桜 

日本庭園有楽苑「河津桜」が咲いています。
a0134734_20104791.jpg

a0134734_20110233.jpg
小さな河津桜の木ですが、とても華やかな花を咲かせていますよ!
一生懸命咲いている、小さな木を見てみてくださいね♪

[PR]
# by m-inuyama-h | 2018-03-22 20:11 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback

織田有楽斎が愛した、ピンク色の小ぶりな可愛らしい椿、『有楽椿』

ちょっと遅め(?!)ですが、今年可憐な花を咲かせました。

春の陽射しと綺麗な空に映えていました♪


a0134734_18233351.jpg

a0134734_18234551.jpg

a0134734_18235654.jpg

a0134734_18241257.jpg

◆有楽椿◆

室町時代頃に中国から輸入されたツバキ属の原種と、日本のヤブツバキとの間にできた珍しいツバキと云われているようですが、定かではないようです。

「有楽椿」の名は、織田信長の実弟である織田有楽斉長益が茶席の花として愛用したことに由来しています。京都では有楽椿、江戸では太郎冠者の名で呼ばれていました。

現存する古木は、京都や奈良などの古社寺や格式ある旧家にしか見られない価値ある銘椿です。


花は、一重の中輪ラッパ咲き。淡紅色に紫を帯びた独特な色。
葉は先端が細長い長楕円形で、葉端は鋸歯状。
花期は、12月から4月頃まで。

==============================================

[PR]
# by m-inuyama-h | 2018-03-02 17:52 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback
昨年落雷により破損した「国宝犬山城」天守北側の鯱瓦の復旧などを行うため、
足場を設置して修理工事が実施されています。

ついに!!しゃちほこが設置されました!
ニュースなどでも放映されていましたが、名鉄犬山ホテルのお庭から見るとこんな感じです。

足場が外れて、綺麗に見えるのが、待ち遠しいですね♪♪

a0134734_18060866.jpg

a0134734_18062211.jpg
↑「しゃちほこ」が薄らみえますよね♪

[PR]
# by m-inuyama-h | 2018-02-27 10:04 | 周辺観光情報 | Trackback
昨年落雷により破損した「国宝犬山城」天守北側の鯱瓦の復旧などを行うため、
足場を設置して修理工事が実施されます。

足場が組まれた状態を、名鉄犬山ホテルのお庭から見てみました!

まだ、「しゃちほこ」はついていないですね。

a0134734_17504995.jpg


a0134734_17510055.jpg



[PR]
# by m-inuyama-h | 2018-02-23 15:46 | 周辺観光情報 | Trackback