名鉄犬山ホテル情報


by m-inuyama-h
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

◆花情報◆河津桜 

日本庭園有楽苑「河津桜」が咲いています。
a0134734_20104791.jpg

a0134734_20110233.jpg
小さな河津桜の木ですが、とても華やかな花を咲かせていますよ!
一生懸命咲いている、小さな木を見てみてくださいね♪

[PR]
# by m-inuyama-h | 2018-03-22 20:11 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback

織田有楽斎が愛した、ピンク色の小ぶりな可愛らしい椿、『有楽椿』

ちょっと遅め(?!)ですが、今年可憐な花を咲かせました。

春の陽射しと綺麗な空に映えていました♪


a0134734_18233351.jpg

a0134734_18234551.jpg

a0134734_18235654.jpg

a0134734_18241257.jpg

◆有楽椿◆

室町時代頃に中国から輸入されたツバキ属の原種と、日本のヤブツバキとの間にできた珍しいツバキと云われているようですが、定かではないようです。

「有楽椿」の名は、織田信長の実弟である織田有楽斉長益が茶席の花として愛用したことに由来しています。京都では有楽椿、江戸では太郎冠者の名で呼ばれていました。

現存する古木は、京都や奈良などの古社寺や格式ある旧家にしか見られない価値ある銘椿です。


花は、一重の中輪ラッパ咲き。淡紅色に紫を帯びた独特な色。
葉は先端が細長い長楕円形で、葉端は鋸歯状。
花期は、12月から4月頃まで。

==============================================

[PR]
# by m-inuyama-h | 2018-03-02 17:52 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback
昨年落雷により破損した「国宝犬山城」天守北側の鯱瓦の復旧などを行うため、
足場を設置して修理工事が実施されています。

ついに!!しゃちほこが設置されました!
ニュースなどでも放映されていましたが、名鉄犬山ホテルのお庭から見るとこんな感じです。

足場が外れて、綺麗に見えるのが、待ち遠しいですね♪♪

a0134734_18060866.jpg

a0134734_18062211.jpg
↑「しゃちほこ」が薄らみえますよね♪

[PR]
# by m-inuyama-h | 2018-02-27 10:04 | 周辺観光情報 | Trackback
昨年落雷により破損した「国宝犬山城」天守北側の鯱瓦の復旧などを行うため、
足場を設置して修理工事が実施されます。

足場が組まれた状態を、名鉄犬山ホテルのお庭から見てみました!

まだ、「しゃちほこ」はついていないですね。

a0134734_17504995.jpg


a0134734_17510055.jpg



[PR]
# by m-inuyama-h | 2018-02-23 15:46 | 周辺観光情報 | Trackback
ヒラヒラした長細いリボンみたいな花が、何とも不思議な感じの「はるべにまんさく」が咲いています!

この「はるべにまんさく」を見ると、なんだか『ハロウィーン』が思い浮かびます。
季節外れですが…

この花の名前は、早春に咲くことから、「まず咲く」「まんずさく」が東北地方で訛り、
『まんさく』になったということです。

ちょっと楽しい「はるべにまんさく」は、日本庭園「有楽苑」の『茶花園』入口あたりで咲いています。


a0134734_17365593.jpg

a0134734_17370951.jpg
▲マンサク〔満作、万作〕
早春、葉より先に樹木いっぱいに花を咲かせる落葉樹。
ひもの様な細長いヒラヒラした花びらが印象的な、個性ある花を咲かせる。

◆名前の由来は諸説あり、一例が・・・
◇早春に咲くことから、「まず咲く」「まんずさく」(東北地方の訛り)からきたものという説。
◇花が樹木いっぱい満杯に咲くことから、作物の「豊年満作」を連想したという説。
・・・等


[PR]
# by m-inuyama-h | 2018-02-22 17:35 | 国宝茶室・如庵「有楽苑」情報 | Trackback